糸プロジェクト

PROJECT MEMBER

未来にチャンスを紡ぐ

ー育まれた街で、次世代を育むための恩返しー

山名正英

糸プロジェクト実行委員会代表
株式会社アドバンテック代表取締役社長

六畳一間から世界へ、雑草集団から侍集団へ

私たち、株式会社アドバンテックは、1995年に創業し、日本のモノづくりを支えています。中学・高校と同級生だった須藤と二人で、「田舎から全国に出ていってやろう」と夢を抱き、西条市の下町(しもまち)にある私の実家、築40年の六畳一間で事業を立ち上げました。当初は、寄せ集めの雑草軍団で創業したわけですが、そのメンバーのほとんどが今も残っています。一番嬉しくも誇らしいことは、後から会社に参加した若手たちが、これまで私たち世代では手を出せなった仕事をどんどん広げてくれていることです。そういう意味では、「雑草」集団が、いつの間にか、日本だけでなく世界に通用するような「侍」集団に育ってくれたのではないかと思います。とはいえ、会社としてはまだまだ発展途中。「どんなことも喜んで引き受け、あきらめずに最後までやり抜く」を大切にしながら、社員がより働きやすい会社づくりに組んでいきたいですね。

山名正英
西条市

街ににぎわいとチャンスを生み出す「糸プロジェクト」

そうやって、会社として少しずつ成長させてもらってきたのですが、会社を育んでくれたのは西条という地域でした。だからこそ、「いつか、ささやかであっても、地域の役に立ちたい」という想いがずっとありました。そんななか、「これはいかん、動き出そう」と気持ちが大きく揺れたのは、3~4年前の妻の言葉でした。 「お父さん、街がだんだん元気なくなっていくよ。クリスマスなのに明かりもない寂しい街になってしもた。たまに子どもたちが帰ってくるのに、このままでは、何の魅力もない街になってしまう」このときをきっかけに、「では一体何ができるのか」と悩んでいたところ、株式会社新建築の吉田さんと川勝さんに、建築家の隈研吾さんをご紹介いただきました。隈さんと初めてお会いしたときのことを今も覚えています。プロジェクトの趣旨を伝えるなかで、お願いしたことは「街のにぎわいを取り戻したい」と「若者や、新たに挑戦する人にチャンスを与えられる街にしたい」の2つでした。隈先生は、その想いを受け止め、新プロジェクト立ち上げを快くお引き受けてくださいました。その後、東京大学の隈研究室メンバーと一緒に「糸プロジェクト」を始動させました。

西条市

個人とコミュニティと企業、複数の「糸」で織りなす地域

なぜプロジェクト名が「糸」なのか言いますと、糸には「結ぶ」や「紡ぐ」「編む」など「人と人、社会との関係性をつなぎ合わせる」意味合いがあります。今私が思いますのは、こんな時代だからこそ「家族」や「会社と従業員」「地域のコミュニティと個人」などの在り方、その間にある関係性を、もう一度考え直す時期なのではないか、ということです。都会では、隣にどんな人が住んでいるかさえも知らないまま暮らす人もいる一方で、西条で暮らす私たちは、「祭」などの地域行事によって人とのつながりを感じ、関係性を育んでもらっています。そういった昔から西条市にある文化資源を、街をよみがえらせる力に変えられるのではないか。また、街に魂を宿すのは、市民が持っている熱い想いだとも信じています。その市民が住みやすく、新しいことに挑戦できる街づくりを、隈さんの描いた絵をもとに進めていくのが「糸プロジェクト」です。

CONTACT & ACCESSお問合わせとアクセス

主催 : 糸プロジェクト実行委員会
後援 : 株式会社新建築社
協力 : 東京大学隈研吾研究室

[お問い合わせ]
糸プロジェクト実行委員会 広報
東京 : Tel. 03-6206-3091 Fax. 03-6206-3092
愛媛 : Tel. 0897-66-8166 Fax. 0897-66-8167
Mail. info@ito-pj.town

[西条市へのアクセス]
電車:
◯JR新幹線で「岡山駅」まで(東京から:約3時間25分)
「岡山駅」からJR特急で「伊予西条駅」(約1時間45分)
◯「松山駅」からJR特急で「伊予西条駅」(約1時間)

車:
◯「松山IC」から「いよ西条IC」(約40分)
◯「今治IC」から「いよ西条IC」(約1時間)
◯「松山空港」から西条市内(約1時間10分)
◯「松山観光港」から西条市内(約1時間15分)